栗東坂路研究所

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金杯で乾杯!

トピック

金杯枡(500円)

毎年、競馬場のターフィーショップで金杯当日限定で販売しているが、

買うか買わないか迷ってしまう。

今年は、思い切って購入しよう

勝っても負けても、コイツで日本酒を呑んで明るい1年に!

 

 

日刊スポーツ賞2016中山金杯展望

過去の血統傾向など

中山競馬場は、2014年に芝コースの路盤が大規模に改修されているので、過去の血統傾向は、あてにならないと考えます。サンプルは少ないようですが、2500mでステイゴールドがあまりきていないとか、以前は不振だったディープ産駒の好走率があがった等々、傾向が変化しているようで。

 

ただ、1月からCコース使用ですが、前開催の血統傾向は引き継ぐかも。母父にヴァイスリージェントの血を持つ馬が、やたら走っていたようですが、このレースでは該当馬なし。有馬記念から引っ張ってくるならネオユニバース産駒で、サウンズオブアース→ブライトエンブレム、ネオリアリズム。

 

間違いのない事実は、F.ベリー騎手が3年連続連対中です。

 

予想オッズ上位5頭

フルーキー(M.デムーロ) 

1番人気仕方なし

オープン昇格後 2→4354151着の安定感

重箱の隅をつつくなら、そのすべてが外回りコース1600~1800m

なぜ、ここに来て中山2000mなのか。昨年の金杯は、同厩舎のエキストラエンド

一緒に京都金杯1600mに出走していたのに。

 

ブライトエンブレム(C.ルメール)

弥生賞2着、皐月賞4着、4歳世代のトップグループ

気になるのは成長力、クラシックを賑わせた馬が金杯に出てくるなんて、ちょっと残念、G2・G1レースを目指して欲しい。

 

ベルーフ(F.ベリー)

京成杯2着、小倉記念2着

ハービンジャー産駒だけに何とも買いづらい。

小倉記念2着時の騎手が外国人名手だっただけに、今回、中山金杯の鬼F.ベリー騎手へのスイッチはプラスにでるか。

 

ヤマカツエース(訂正池添)

ニュージーラントT勝ちのあと夏の古馬混合重賞で善戦して

前走福島記念を勝つ。実力以上に人気しないはず。

 

マイネルフロスト(松岡)

前へ行けば、必ず有利なレースと思わせて、穴予想させといて、

前へ行かない、前へ行く行く詐欺に引っかかった前走、金鯱賞

もう4着は、いらない。前走より人気するなら・・・

 

穴馬は・・・

ネオリアリズム(戸崎)、ライズトゥフェイム(石川)

重賞で通用するか未知数だが、厩舎・騎手への期待で穴人気しそう

 

ならば一発狙いで

2桁人気確実のマイネルディーンでどうだろう。

 

2走前、今回のメンバーより上と思われるレースで0.3秒差の6着

仕上がり具合次第では、アッと言わせる場面も期待できる。

マイネルマイネルでも、こっちかー。

スポーツニッポン賞2016京都金杯展望

過去の血統傾向など

重賞のなかでも最も傾向がはっきりしているレース

とにかく内枠有利、京都マイルはディープ産駒の庭。

 

人気馬は・・・

トーセンスターダム(武豊)

この2~3年、ここは負けてはいけないだろうという場面でことごとく敗戦を繰り返してきた鞍上。通年外国人騎手2人は東の金杯で騎乗で絶好機到来だが、京都マイルでは人馬とも不安いっぱい。マイル路線よりもう少し長い距離、天皇賞(秋)で華咲かせてほしい。

 

エキストラエンド(吉田隼)

リピーターも今年、7歳

人気するなら嫌いたいところが、メンバーもメンバーだけに延長戦勝ちなんかあったりして。

穴馬は・・・

エイシンブルズアイ(和田)

NHKマイルC敗戦後、1200m戦を使われ続けているが、先行してそこそこの成績。正月の京都開幕週、マイル戦で先行力は大きな魅力。

 

シベリアンスパーブ(藤岡康)

前走、前々走とお世話になっているので、もう一丁。

唯一の美浦所属馬。京都金杯、人気の無い関東馬よく来るだよなー。

 

馬券作戦

人気馬総崩れを期待

まとめ

京都金杯は枠順を見てから、外枠は消し

中山金杯は上位グループで決まってしまうかも。