栗東坂路研究所

栗東坂路研究所~馬券収支公開中~

的中率17%の競馬予想ブログ

音無厩舎とC.ルメールと京都新聞杯での熱い思い

栗東坂路で速い時計を出す代表的な厩舎といえば、

森厩舎と音無厩舎

成績は、ノーザンファーム生産馬を数多く管理する音無厩舎が圧倒していて、

現在、全国リーディング4位。

 

最近の活躍馬は、

ダノンリバティー、アンビシャス、ミッキーアイル、リアファル、ブチコ、

ランウェイワルツ、ノガロ、ミッキーロケット、そしてブラックスピネル

 

f:id:hanronobannin:20160505155204j:plain

オトナシ違い。

 

 

音無厩舎の重賞成績を振り返ってみる

2015年京都金杯から直近の2016年マイラーズカップまでの重賞成績は、

(4-8-6-8-5-44 / 75)

勝率 5.3% 連対率 16.0% 複勝率 24.0% 単回収値 24 複回収値 62

 

勝ち切れない、儲からない。

 

人気薄で馬券になったのは、

小倉2歳ステークス レッドラウダ 6番人気3着

中日新聞杯 レコンダイト 13番人気3着 

2頭だけ。

あとは全て4番人気以内

 

2015年1月~現在までの人気別成績 

 

f:id:hanronobannin:20160504235547p:plain

 

騎手別では、

 

f:id:hanronobannin:20160505000223p:plain

 

まとめ

今週の京都新聞杯、音無厩舎からブラックスピネル(ルメール)が出走予定 

ダービーでは、サトノダイヤモンドがいるので、今回のみ騎乗。

しかし、ノーザングループから血統馬を何頭も預かりながら、ダービーに送りだせなければ、今後の厩舎運営にも少なからず影響を与えるだろう。ここは、なんとしても2着以内で出走権を得るためのルメール起用とみる。

 

3番人気だったら買ってみましょうか・・・

天皇賞(春)アルバートの分も返してね。