栗東坂路研究所

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栗東坂路研究所~馬券収支公開中~

的中率17%の競馬予想ブログ

東京・京都で走る!カネヒキリ産駒の特徴を検索してみた

カネヒキリは、

父フジキセキ 母父Deputy Minister 

角居調教師 金子真人オーナー ノーザンファーム生産

 

3歳時にジャパンカップダート続けてフェブラリーステークスを勝利。その後、屈腱炎に悩まされるも復帰して、ヴァーミリアン、フリオーソ、サクセスブロッケン、カジノドライヴ、エスポワールシチーらの強豪と争いG1を計7勝した。「砂のディープインパクト」と呼ばれたらしい。

 

f:id:hanronobannin:20160512095910j:plain

blog.livedoor.jp/knao1709より引用

 

2014年に第1世代がデビュー

5月12日現在、1000万クラスを勝ったのが6頭。

ミツバ、アルタイル、キングノヨアケ、マウントハレアカラ、

テイエムグンカン、メイプルレインボー

いずれも1800m前後で活躍中

 

全体的な産駒の特徴は以下の表の通りだが、

京都東京に滅法、強い

牝馬より牡馬

下級条件は、距離不問

といったところ。

 

 

芝は今のところ馬券内なしなので、

場所、クラス、距離、馬体重、馬場状態すべてダートのみの集計です。

 

f:id:hanronobannin:20160512093001p:plain

 

f:id:hanronobannin:20160512093216p:plain

 

f:id:hanronobannin:20160512095358p:plain

 

f:id:hanronobannin:20160512094308p:plain

 

f:id:hanronobannin:20160512093935p:plain

 

ささ さん、ありがとうございます。

 

 

<スポンサーリンク>