栗東坂路研究所

単複馬券とシルク一口馬主などなど明日のための記録帳

競馬予想TV出演中☆高柳誠二さんの予想メソットを夏競馬に活かそう!

 

8月・9月の中央競馬は、

小倉・新潟・阪神・中山競馬場で開催されます。

共通点は、100%野芝・猛暑の中で行われること。

ので、在来牝系が活躍する。筈です。

 

血統を使って穴馬を見つけるとき、

種牡馬をみるのが普通ですが、

母系からアプローチするのは、少数派なので、

美味しい穴馬を発見できると期待しています。

 

母系からのアプローチを競馬予想の手段に用いて有名なのが高柳誠二さんです。

CSフジの競馬予想TVに出演中で、

春のGⅠは、天皇賞 カレンミロティック 安田記念 ロゴタイプを本命に!

 

f:id:hanronobannin:20160819202414j:plain

極楽まさこのお気楽日記さんより引用

 

好きな予想家さんでは、ありませんが、

その予想メソットは転用できると最近、思いつきました。

 

その方法は、ブルース・ロウという人が牝系を分類したファミリーナンバーを

もとに、3つのタイプに分けた。

  1. 地力系・・・ハイペースや力馬場での消耗戦に強いが、ややジリっぽい。
  2. バランス系・・・距離やペースに対する順応性が高く、堅実。
  3. 極軽系・・・スローペース・高速勝負に強いが、底力は疑問。

 

直近2週の小倉・新潟の芝レースの傾向をさらさらと調べてみると

バランス > 地力 > 極軽

ただ、人気薄の激走は地力系が多い傾向があるように感じました。

 

ファミリーナンバーの収集は、


この夏は、在来牝系とファミリーナンバー傾向で

穴馬を見つけて、馬券を当てていきたいと思います。

 

 

<スポンサーリンク>