栗東坂路研究所

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

追い切りを比較する☆マイルチャンピオンシップ2016と2015

トピック

f:id:hanronobannin:20161117103434j:plain

 

2015年の2着・3着・4着(ハナ差)馬が今年も出走

追い切りの内容をみると少なくとも2頭は昨年より着順を下げるのではないでしょうか!?

 

イスラボニータ

 

2015年、毎日王冠 3着→天皇賞(秋)3着→マイルCS 3着

11/18 南W 蛯名 82.0-65.7-50.1-37.0-11.8 ⑤ 馬なり

          ウィズエモーションに併せ0.4秒先着

11/13 南W 助手    71.1-54.8-40.1-13.1 ⑧ 馬なり

 

今年、富士S 2着→マイルCS ?着

11/16 南W 助手    70.7-55.3-40.5-12.8 ⑥ 馬なり

11/09 南W 助手    67.6-53.6-38.9-12.4 ⑥ 強め

ほか4Fから2本

 

評価 昨年よりレース使ってないのに調教負荷が少ないのは疑問

 

フィエロ

 

2015年、スワンS 2着→マイルCS 2着

11/18 坂路 鮫島良 52.2-38.4-24.6-12.2 強め

          サクセスグローリーに併せ0.8秒先着

11/13 坂路 鮫島良 53.8-39.2-25.4-12.6 馬なり

 

今年、スワンS 9着→マイルCS ?着

11/16 坂路 鮫島良 53.9-38.9-24.7-12.2 強め

11/10 CW 鮫島良 68.9-53.4-38.7-12.1 ⑦ 一杯

 

評価 4Fタイム遅く強調できないが、1週前CW調教が不気味

 

サトノアラジン

 

2015年、富士S 2着→マイルCS 4着

11/18 CW ルメール  4F54.3-38.7-11.9 ⑧ 馬なり

          ロードガルーダに併せクビ先着

11/11 CW ルメール 6F84.1-68.5-53.6-40.0-12.5 ⑦ 馬なり

          トーセンレーヴに併せ0.1秒遅れ

ほか坂路2本

 

今年、スワンS 1着→マイルCS ?着

11/16 CW 川田 6F83.6-67.7-53.0-38.9-11.5 ⑦ 一杯

        プリンスダムに併せ0.9秒先着

11/13 坂路    55.4-40.9-25.6-12.4 馬なり

 

ダノンシャーク

 

昨年4着と同じく毎日王冠からのローテで今年は9着

2016 坂路 51.5-37.8-24.8-12.6 馬なり

      ラバビエスに0.4秒先着

2015 坂路 52.6-38.1-24.6-12.0 一杯

      ダノンブライトに0.4秒先着

 

<スポンサーリンク>

 

 

デイリースポーツの追い切りベスト3

 

1位 サトノアラジン

2位 ガルバルディ

11/16 坂路 51.7-38.0-25.0-12.8

11/10 CW 5F66.7-1F12.1

3位 ロードクエスト

11/16 CW 6F80.0 5F64.4ー1F12.7

 

栗東坂路研究所の追い切りベスト3

 

ロベルトの血を持つ3頭をここでもピックアップする

1位 ウインプリメーラ

最終追い切りの坂路4F52.5ー1F12.0を含む4週間にわたり、坂路+CWで高密度の調教内容。

2位 ロードクエスト

3位 マジックタイム

11/10 1週前南W 5F66.1-1F12.7