きまぐれ競馬note

R45からの競馬、リノベーション!

5月6日(土)GⅡ京都新聞杯と京都10R.新潟12Rの予想

京都10R パールS

カゼルタ

先週の天皇賞レコード決着が象徴するように京都の馬場は内先行有利。午後に雨が落ちてきても大きな影響はないと想定。牝馬ハンデ重賞でそこそこ走っているものの人気控えめ。キレル脚はないだろうから先行して粘り込むのみ!

 

京都11R 京都新聞杯

上の予想と矛盾するが、このレースに限ると枠関係なく差しも決まる近年の傾向。調教の傾向は坂路主体よりトラック主体の調教に分あり。で、坂路主体のハービンジャー産駒2頭、インヴィクタとサトノリュウガはバッサリ切る。

サトノクロニクル

f:id:hanronobannin:20170505233108j:plain

「金は金持ちのところに集まるもの。ダービー出走馬は池江厩舎に集まるもの」

 

〇プラチナムバレット

f:id:hanronobannin:20170505233139j:plain

「非社台の星☆ノルマンディーの☆」。一口6万、最終受付でも満口になりませんでしたが、ダービー出走の夢を描けるイイ馬に成長しました。

 

▲ダノンディスタンス

 

<スポンサーリンク>

 

 

栗東坂路タイムランキングからは、こちらのレース 

 

新潟12R 三条特別

カレンオプシス

父サムライハート 母ピラミマ先週の競馬で一番悔しかったのが、日曜京都 9R糺の森特別1着のエマノン。前走四国新聞杯12着から人気落ちして単勝4,570。母は同じくピラミマで兄弟にバンドワゴンとスワーヴリチャード。柳の下にドジョウは2匹いないと知りつつ、ワンモアプリーズ!