きまぐれ競馬note

R45からの競馬、リノベーション!

2017優駿牝馬(オークス)2桁人気確実の大穴馬予想

近3年、このレースで好走しているディープインパクト産駒。とりわけシンハライト、ミッキークイーン、ハープスターなどは超S級。今年の産駒フローレスマジック、ブラックスビーチは、A~B級ではないでしょうか。

 

例年と雰囲気が違う2017オークス、替わりに人気が予想されるのがハーツクライ産駒とフランケル産駒。上位人気で堅く収まる予感は全くありません。超人気薄馬の激走を期待します。

 

f:id:hanronobannin:20170519212539p:plain

 

<スポンサーリンク>

 

 

そこで目をつけたのが、

 

モーヴサファイア (ハービンジャー産駒)

 

この馬が人気しない最大の理由は、レース間隔が3ヶ月空いたこと。過去の傾向を重視するなら、4月にレースをしていない馬は完全に消しでしょう。ただ傾向にも変化点がある筈、外厩全盛の時代、GⅠでないならマイナス要素にならない。

 

500万特別で2戦続けて牡馬混合の2000mを使っているので、2400mを走りきるスタミナはあると陣営は判断しているだろう。福寿草特別は京都新聞杯馬プラチナムバレットにハナ差。あすなろ賞は案外出世レースで勝ち馬にマウントロブソン、アドマイヤデウス、エキストラエンドなどがいる。

 

血統的にも今年のJRA馬場に適応する。異父兄に東京新聞杯馬ブラックスピネル。母の兄弟に皐月賞3着ダンビュライト、ダイヤモンドS2着ラブラドライト。

 

この馬をピックアップした元々のネタがCWコース調教馬であること。古い話だが人気薄で優勝したメイショウマンボ、エリンコートはCWと栗東坂路の両方で時計を出して調教していた。

 

能力は間違いない。人気も全くない。問題はローテだけなら喜んでゆる~く楽しみたいと思います。