栗東坂路研究所

単複馬券とシルク一口馬主などなど明日のための記録帳

インビジブルレイズ次走は、甲東特別を目標に!

f:id:hanronobannin:20170906095349j:plain

 

インビジブルレイズ 8月27日 小倉競馬場

 

とうとう浜中J→松山Jに交代、放牧先のしがらきでは馬体重514kgまで増えていただけに、どの位の馬体重で出走してくるのか心配でしたが、プラス14kgの478kg,

テレビで見る限り胴が伸びたような感じを受けます。

 

f:id:hanronobannin:20170906095100p:plain

 

スタートは、まずまずで上手く促して3~4番手絶好のポジションを取れました。

 

f:id:hanronobannin:20170906095117p:plain

 

f:id:hanronobannin:20170906095136p:plain

 

少しふくれたけれど爽快な勝ちっぷりでした。

 

f:id:hanronobannin:20170906095158p:plain

 

レース後のコメント

松山弘平騎手「スッとスタートを決めることが出来ましたし、ムキになって走るところもなくスムーズに追走することが出来ました。道中は終始楽な手応えでしたし、流れが速くなったところもスッと上がって行くことが出来ました。最後の直線も反応良く伸びてくれましたし、完勝の内容だったと思います。今回の内容なら距離は問題ないでしょうし、上のクラスでもいい競馬をしてくれると思います」

 

 吉村圭司調教師「馬体増は成長分もあったと思いますが、少し余裕を持っての出走となりました。今回は初めての距離でしたし、それに加えコーナーが4つと未知なところがありましたが、久々のレースでもムキになることなく、折り合ってスムーズな競馬が出来ました。2着馬よりは前でレースを運びたいと思っていましたが、スタートが良く、理想の形で競馬が出来たので、最後まで安心して見ることが出来ましたね。今回の内容なら昇級しても良い競馬をしてくれるでしょうし、距離も対応してくれたことで番組の選択肢が増えましたから、今後がますます楽しみになりました。この後はトレセンに戻って状態を確認した上で検討するつもりですが、ダメージの少ないレースだったと思いますし、変わりがなければこのまま続戦させたいと考えています」

 

次のレースは松山Jなのか浜中Jなのか気になるところです。

 

 

(一部の画像・情報はシルクホースクラブHP掲載のものであり、転載許可をいただいています。)

 

 

<スポンサーリンク>