きまぐれ競馬note

清風払明月 名月払清風

ハードスパンとかいう新種牡馬

アンナベルガイトの応援で1月13日(土)は、京都競馬場へ

極寒・・・馬も人間も暖かくなってから競馬場に行きたいようだ。

 

1Rから馬券検討していると見知らぬ種牡馬の名が

ハードスパン血統表(netkeiba.comより)

f:id:hanronobannin:20180115103411p:plain

 

1R ダート1800m 産駒アスクハードスパンが芝からダート替わり初戦で勝利。

 

調べてみると

国内生産馬がデビューしたのは、2017年夏からで

成績(2017年度)かなり良い。

38頭出走して10頭勝ち上がり、率にするとヘニーヒューズとほぼ互角で、ゴールドアリュール・パイロなどより優秀だった。

uma-furusato.com

 

3R ダート1400mにはハードスパン産駒が2頭出走するも、9着・12着。

ヘイデイ・グレークテーラー2頭とも兄姉に活躍馬いるし、勝ち上がっても何の不思議もない。特にヘイデイは馬体はよく見えた。が、レースでは押しても前に進んでくれない感じだった。

 

<スポンサーリンク>

 

 

日曜京都12Rの感想

「四位騎手を信じた私がバカだった。」

サトノグラン 8着

まずまずのスタートから馬なりで最後方からの競馬、安定の4角大外

栗東坂路調教 50.9-27.1-24.8-12.7 で思わず飛びつき

矢作ー四位ラインってどうなんだ!次なのかと思いつつ・・・この有り様。