栗東坂路研究所

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栗東坂路研究所~馬券収支公開中~

的中率17%の競馬予想ブログ

2016天皇賞(春)のおいしい穴馬は・・・

アルバートの血統的魅力

 

f:id:hanronobannin:20160426214750p:plain

 

近年の好走馬、父ハーツクライのフェイムゲーム、カレンミロテック、ウインバリアシオン・父ジャングルポケットのトーセンジョーダンといえばトニービンの血を持つ血統。しっかりアルバートにもトニービンの血、受け継がれてます。

 

晩成型で天皇賞(春)にジャストフィットしそうなのは、ステイヤーズS後の血統馬券家の栗山求さんのブログで述べられてます。

kuriyama.miesque.com

 

馬券妙味

前走、日経賞でゴールドアクター・サウンズオブアースに完敗したため人気落ち確実。キタサンブラック・シュヴァルグランより下位人気でファイムゲーム・トーホウジャッカル・タンタアレグリアと人気が接近する予想オッズです。

 

ただ、日経賞の敗戦は、超々スローペースのもので、展開次第では、僅差だったかもしれませんし、中山から淀の2度の坂越えへのコース替わりは、プラスに働くはずです。

 

本格的な日経賞の敗因分析と天皇賞(春) 適性は、相互リンク先のこちらで

blog.livedoor.jp

 

関東のトップ厩舎×C.ルメールの組み合わせでこの人気は、重賞レースでは、そうそう無いことでしょう。

ちなみに上位人気が予想される厩舎は、

中川・藤岡・友道・清

 

<スポンサーリンク >